ブロックチェーン

記事が読まれるとビットコインが手に入るSpotlight【ビットコインで稼げる】

spotlight

1人の「いいね」がお金に変わる、1円程度で良質な情報が読める新サービス登場!(1円は現行レートです)

2019年11月22日に「株式会社来夢」がビットコインのブロックチェーンシステムを使ったコンテンツ配信プラットフォームSpotlight(スポットライト)のサービスを公開しました。

今回は、Spotlightのベータ版が公開したということで、公式にリリースされる前にSpotlightのサービスやシステムの使い方をわかりやすく説明していきます。

Spotlight(スポットライト)とは?

Spotlightとは、自分が投稿した記事が購読されると仮想通貨であるビットコインを手に入れられる新サービスです。

Spotlightを公開した「株式会社来夢」は、日本で初めてビットコインのATMを輸入したことで有名です。

今回のSpotlightのサービスにおいても「誰もが主役に、安心して始められる」という理念のもとコンテンツ配信型のプラットフォームを開始しました。

Lightning Networkを採用している

通常であればクレジットを事前に登録することで、有料記事を読むことができるのですが、「100円以下の少額取引ができない」、「個人情報の漏洩リスクがある」などが問題になってきました。

こうした問題に対し、ビットコインとLightning Networkのシステムを採用することで、解決できると説明されています。

Lightning Networkとは、個人間でのビットコインの取引を可能にできるシステムのことです。このシステムによりいくつかのメリットがあります。

①少額決済が可能になる
②手数料を削減することが可能になる
③管理者がいるのでセキュリティ面でも安心できる

こうした仕組みにより、投稿される有料コンテンツを一律「100satoshi(約1円)」で購読が可能になり、記事を書く人は1円単位で収益を図ることできるのです。

詳しく学びたい方は下記の記事を参考にしてみてください。
わかりやすくまとめた上でメリットとデメリットまで説明しています!

ライトニングネットワーク
ライトニングネットワークとは?問題点と仕組みをわかりやすく解説!ライトニングネットワークと聞いて、用語が難しくてわからない。調べたけどいまいち理解できなかったという人は多いことでしょう。 ライトニングネットワークはビットコインの問題を解決する新システムです。今回は、ライトニングネットワークについてわかりやすく説明した上で、そのメリットとデメリットを解説していきます!...

ビットコインをポイントにしている!

記事を読みたいユーザーは、ビットコインを使ってSpotlightのコンテンツ購入や投げ銭を行うことができ、記事の投稿者はそれをポイントとして受け取ることができます。

Spotlight参照:https://prtimes.jp/

 

仕組みをわかりやすく図で表すとこのようになっています。↑

ビットコインをポイントにすることで以下のような良い成果を期待しています。

①貯まったポイントで関連のECサイトや提携店で商品やサービスと交換できる
②貯まったポイントはビットコインとしても引き出すことができる

ただし、ビットコインを引き出せるのは30日以内と期限あるので、注意することが必要になりそうです。

Spotlightの魅力はまだまだある!

Spotlightはユーザーのことを考え、よりストレスなく使ってもらうことを目指しています。

①ストレスだった広告が一切ない

最近ではどのアプリやサービスなどでも広告が付けられており、ストレスを感じた人も多いのではないでしょうか。

Spotlightは、広告が一切ついていないので、ユーザーはストレスを感じることなく利用することができます。

ではSpotlightはどのようにして収益化を図っているのかというと、投稿者の良質なコンテンツによって収益を生み出す仕組みになっているのです。

まさにユーザーにとっても投稿者にとっても嬉しいサービスと言えます。

②10,000ポイント貰えるキャンペーン実施中!

現在、Twitterで対象となるツイートをリツイートしてくれた方、先着100名に10,000ポイントを贈呈するというイベントを行っています。

ビットコインのような主流のコインを配るサービスはあまりないので、これを機にユーザーが増加するとよりSpotlightが新たなコンテンツ配信プラットフォームとして普及していくことでしょう。

また、今後の予定はまだ未定ですが、普及に伴い違ったイベントもあると思われるので今後にも期待したいところです。

Spotlightでの稼ぎ方!

Spotlightについて簡単にまとめてきましたが、ここではSpotlightでの主な稼ぎ方をご紹介します。

Spotlightでは大きく分けて2つの稼ぎ方があります。

①Spotlight上のコンテンツの購入
②投げ銭システム

①Spotlight上のコンテンツ購入

記事は誰でも投稿することができます。しかし収益化するには、コンテンツを購入してもらう必要があります。

そこで、良質なコンテンツを作る上で2つのポイントを意識すると良いでしょう。

①新規性のある話題・情報
②ユーザーのニーズを満たしている内容

どのような記事を書けばいいのか悩んでいる方は参考にしてみてください。
これらの条件を満たしているだけで収益率は大きく変わってきますよ!

②投げ銭システム

Spotlightでは「いいね」感覚で投げ銭できる仕組みを採用しています。

そのため良質なコンテンツにたくさんの投げ銭が行われていれば、当然記事を読みたいという人も増えてきます。

定期的に投稿することで毎回購読してくれる人も出てくるので、継続して良質なコンテンツを生み出すことが重要ではないかと考えています。

Spotlightへの登録も記事の投稿も無料!

Spotlightでは、登録も記事の投稿も無料です。また簡単に行うことができます。
ここでは、登録方法と、記事の投稿方法をわかりやすく説明していきます。

Spotlightの説明

まず、ログインと記事の投稿は、サイトの右上から行うことができます。

サイドには、人気の記事も表示されるので、自分の書いた記事が表示されると閲覧率も上がります!

 

Spotlight説明

右上の投稿ボタンをクリックすると、記事のフォームが表示されます。

画像①では、その記事にあった写真をアップロードします。なるべく記事と関連性を持たせて興味がそそられる画像にすることがおすすめです!

画像②では、タイトルを入力していきます。タイトルは記事の顔ともいえる部分なので、インパクトがあり簡潔なタイトルを目指してください。

また、ログインしなくても投稿可能です。その場合は匿名での投稿となります。

 

Spotlight説明

下にスクロールすると「無料部分を入力」と書かれたフォームがあります。

ここは誰でも読むことができるので、「この記事には何が書かれているのか」などの導入文(リード文)を書いていきます。

なるべく導入文だけで簡潔に記事の内容がわかるように書くことがポイントです。

 

Spotlight説明

さらに下にスクロールすると、「有料部分を入力」と書かれたフォームがあります。

ここではユーザーが知りたい価値のある情報を書いていきます。
簡潔でなるべくわかりやすい言葉を使って説明してあげましょう!

まとめ

Spotlightは海外の新サービスを日本向けに配信したサービスです。

このコンテンツ配信プラットフォームが普及すればより多くのサービスが生まれること間違いなしです。

リル
リル
新サービスの波に乗っていくべきだね!

手軽にお金を稼ぎながら情報を共有し合うことができるので、興味のある方はぜひ!

公式のホームページはこちら→https://spotlight.soy

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です