テクニカル分析

ローソク足の見方とは?投資家のプロも行う分析方法!【徹底解説】

ローソク
この記事はこんな疑問を解決する!

投資を始めようと考えている人
チャート分析を学びたい人
投資で稼ぎたい人

ローソク足はチャートを読む上で基本となる指標です。

投資を始めたことのない人でも目にしたことがある人は多いことでしょう。
ローソク足を学ばないことにはチャートを分析することもできません。

この記事を読んだ人は、ローソク足のことを深く理解した上、すぐに実践にも応用することができます。

今回は、ローソク足の見方とその分析方法、またプロも行なっている戦略についてわかりやすく解説していきます。

ローソク足とは?

ローソク足は、投資のチャートでベースとなる指標です。

チャート

ローソク足はもともと米相場で値動きを図で表すために、江戸時代に本間宗久というという米商人によって考案されたと言われています。

上の図のように、

・始値(はじめね)・・・ここの単価からローソク足が始まる

・高値(たかね)・・・このローソク足の中の一番高い単価

・安値(やすね)・・・このローソク足の中の一番安い単価

・終値(おわりね)・・・ここの単価でローソク足が終わり次のローソクへ

この4本の値でローソクが作られており、上の図では青が陽線、赤が陰線となります。
(※青と赤と書きましたが、色は自分で決められます。黒と白など・・・)

また、図からもわかるように始値より終値が高いものを「陽線」、
始値より終値が安いものを「陰線」といいます。

チャート5 チャート4

ローソク足をより詳細に表すと上の図のようになります。

特に、「終値」は、市場の最終的な単価として重視されています。多くのテクニカル指標などでも「終値」を用いたものが多く使われるほどです。

・実体(じったい)・・・このローソクの始まりから終わりまでの成果

・ヒゲ・・・ローソクの期間中に一時期は高値(安値)まで上昇(下降)した が、反発して押し戻された。

後述しますが、この実体の大きさとヒゲの長さはチャートを予測する重要な部分でもあります。

ローソク足は、1分足(あし)、5分足、15分足、1時間足、1日足、1週間足、1ヶ月足など、時間別にローソク足を見ることができます。

チャート分析では、短い期間のローソク足と長い期間のローソク足を並行しながら見比べると相場のトレンドが見えやすくなります。

ローソクの見方

ローソク足がどのように構成されているか理解できたかと思います。

ここでは、ローソク足の見方について解説していきます。

ローソクは、先ほども述べたように「ヒゲと実体の長さ」が鍵になります。
今から紹介するローソクの形と性質をしっかり覚えてください。

買いシグナル

チャート陽線

買いシグナルとなる代表的なローソクがこちらの図です。

①日の丸坊主
→上ヒゲも下ヒゲもなく、純粋に高値を更新した陽線です。買いの勢いが強い傾向にあります。

②大陽線
→とても大きな陽線です。こちらも強い上昇トレンドを表します。

③小陽線
→小さな陽線で、上昇トレンドが弱まっているか、トレーダーが様子見をしている段階とも取れます。

④陽カラカサ
→一時は価格が下がったが反発して始値より上昇して終わった形。
特に下ひげの長いカラカサが底値圏で現れると反転シグナルになります。

⑤陽トンカチ
→一時は価格が上がったが反発してなんとか始値より上昇して終わった形。天井圏で現れると反転シグナルになります。

⑥十字線
→買いと売りが拮抗している状態。相場の転換を表す線でもあります。

⑦トンボ線
→一時はか価格を下げたが、最終的には始値と同じ価格で終わった。
相場の転換線を表す線であり、この場合買いの勢いが強い傾向にあります。

上から順番に説明していますが、こちらのローソク足を覚えることで、ファンダメンタル分析ができなくてもある程度チャートを予測することが可能です。

もちろんファンダメンタル分析が必要ないという意味ではありません。しかし、ファンダメンタルの知識や分析には時間が取られてしまい。ポジションを持つ適切なタイミングを逃してしまう恐れがあります。

私のおすすめとしては、まずテクニカル分析を学び、ファンダメンタルを学ぶぐらいの順序でも大丈夫です。

売りシグナル

チャート

売りシグナルの代表的なローソクがこちらです。

①陰の丸坊主
→上ヒゲも下ヒゲもなく、純粋に安値を更新した陽線です。売りの勢いが強い傾向にあります。

②大陰線
→とても大きな陰線です。こちらも強い下降トレンドを表します。

③小陰線
→小さな陰線で、下降トレンドが弱まっているか、トレーダーが様子見をしている段階とも取れます。

④陰カラカサ
→一時は価格が下がったが反発して始値より下降して終わった形。
特に下ひげの長いカラカサが底値圏で現れると反転シグナルになります。

⑤陰トンカチ
→一時は価格が上がったが反発して始値より下降で終わった形。天井圏で現れると反転シグナルになります。

⑥一本線
→買いと売りが拮抗している状態。相場の動きが鈍い状態。

⑦トウバ
→一時はか価格を上げたが、最終的には始値と同じ価格で終わった。
相場の転換線を表す線であり、この場合売りの勢いが強い傾向にあります。

これらの主要なローソク足の形によりチャートは形成されています。

何度も言いますが、ローソク足はチャートを見る上で基礎となる指標です。それぞれの形と性質を理解した上で初めて他のテクニカル指標などが生きてきます。

ローソク足の組み合わせ紹介

ローソク足は、何本かの足を組み合わせることでトレンドシグナルを見つけることができます。

相場状況の判断、同じ形のローソク足でも出現する場所時間によって判断が変わってくるのです。

ここでは、ローソク足を組み合わせた分析方法をいくつか説明していきます。

①窓(まど)

窓

ローソク足の安値と高値が離れて距離がある場所を「」といいます。

上図のように上の方向へ窓ができることを、上への窓開け(まどあけ)といい、下方向への窓開けは、下への窓開けといいます。

窓は上昇(下降)への勢いがとても強いことから生まれるシグナルです。

経済指標重要人物の発言等で窓が生まれることがあり、窓を開けた方向に相場が動くことを表しています。

②はらみ線

はらみ線

2本のローソク足の組み合わせで、一本のローソクの中にもう一本が収まっている状態のことを「はらみ線」といいます。

左が大陽線の場合、

高値圏で大陽線のはらみ線が出現した場合は、下落のトレンド転換を表しています。
1本目の大陽線より高値を更新できていないことから、上昇に限界がきたと判断されるためです。

左が大陰線の場合、

安値圏で大陰線のはらみ線が出現した場合は、上昇のトレンド転換を表しています。
1本目の大陰線より安値を更新できていないことから、下降に限界がきたと判断されるためです。

③つつみ線

つつみ線

はらみ線とは逆で小さな線の後に、大きなせんで包んでいる状態の形を「つつみ線」(抱き線)といいます。

右が大陽線の場合、

安値圏で大陽線のつつみ線が出現した場合は、下落から上昇のトレンド転換を表しています。
2本目のローソクが安値をつけたが、これに反発し買う人が多かったため大陽線になりました。したがって、上昇トレンドへの転換を表しています。
これを「陽のつつみ線」といいます。

右が大陰線の場合、

高値圏で大陰線のつつみ線が出現した場合は、上昇から下落のトレンド転換を表しています。
2本目のローソクが高値をつけたが、これに反発し売る人が多かったため大陰線になりました。したがって、下降トレンドへの転換を表しています。
これを「陰のつつみ線」といいます。

特に、左のローソクが十字線の場合より反転の信頼度が高まると言われています。

④かぶせ線

かぶせ線

1つ前のローソクに被さるように2本目のローソクが出現した形を「かぶせ線」といいます。

上昇トレンド中のかぶせ線は、

上昇しようとする力に圧力がかかっている状態といえます。
1つ前のローソクの安値を切らなければ、押し目買いのポイントになります。
そして、かぶせ線の高値を抜いたところが、買いシグナルになります。

下降トレンド中のかぶせ線は、

下落しようとする力に圧力がかかっている状態といえます。
1つ目のローソクの高値を切らなければ、戻り売りのポイントになります。
そして、かぶせ線の安値を抜いたところが、売りシグナルになります。

⑤明けの明星(あけのみょうじょう)

明けの明星

前後に違う方向の窓を開けている、小さなローソクや十字線のことを「」といいます。

そして、上の図のローソクパターンを「明けの明星」といいます。

安値圏でこのパターンが出現した場合は、買いのトレンド転換であると考えられます。

詳しく見てみると、

1本目の陰線の後に、何らかの原因で突発的な売りがでています。(窓がそれを示す)

2本目の小さな陽線は、売りと買いが拮抗し最終的には買いが勝利しています。

そして、上方向の窓は売りの枯渇を示しており、3本目の陽線で買いの傾向を表しています。

⑥宵の明星(よいのみょうじょう)

宵の明星

明けの明星と反対のパターンを宵の明星といいます。

高値圏でこのパターンが出現した場合は、売りのトレンド転換であると考えられます。

詳しく見てみると、

1本目の陽線の後に、何らかの原因で突発的な買いがでています。(窓がそれを示す)

2本目の小さな陰線は、買いと売りが拮抗し最終的には売りが勝利しています。

そして、下方向の窓は買いの限界を示しており、3本目の陰線で売りの傾向を表しています。

他にも買いや売りのシグナルについてもっと知りたい方は、今回紹介したシグナル以外にも多数のシグナルをご紹介しているので拝見してみてください↓

ローソク組み合わせ
ローソク足の組み合わせでチャートが丸わかり分析方法!ローソク足には様々な組み合わせが存在しまが、実際はローソク足の分析を疎かにしてしまっている人は多いようです。 この記事を読むと、ローソク足の組み合わせが完全に理解できるでしょう!今回は、ローソク足の様々な組み合わせをわかりやすくご紹介していきます!...

ローソク足以外のチャート

チャートといえばローソク足が主流なのですが、ローソク足以外のチャートも実は存在します。

ここでは、ローソク足以外のチャートをいくつか紹介していきます。ただし、ローソク足が圧倒的に使いやすいので、「こんなのもあるんだ」程度に見ていってください。

バーチャート

バーチャート

バーチャートは欧米で主流となっているチャートの1つのです。

名前の通り、バー(棒)で表現されていることからバーチャートと呼ばれています。

バーチャート

構成としては、ローソク足と変わりはありません。

ローソク足の方が見やすいと思います。ゆえにローソク足の方がバーチャートよりも人気があります。

ラインチャート

ラインチャート

ラインチャートは、終値線だけを結んだシンプルなチャートです。

終値以外の情報を取り除いているので、価格の変化がわかりやすくなっています。

まとめ

今回は、ローソク足の見方と分析方法をご紹介してきました。

普段見る無数のローソクに実は様々な情報が盛り込まれていることが理解できたかと思います。

投資は先を予測して利益を上げるものです。ゆえに絶対勝てる人間などどこにもいません。
プロの人たちはこうした小さな情報を拾い集めて判断材料にしていくのです。

ローソク足もその1つです。こうした情報を少しでも多くの情報を活用して、勝率を上げていきましょう。

わからないことやアドバイスなどがあればコメントをいただけると嬉しいです!

また、Twitterのフォローも大歓迎しております。

最後に、仮想通貨についてより深く学びたいと考えている人は、下のリンクから見ることができます↓

bitcoin
仮想通貨の完全攻略マップ!【初心者→億り人を目指す方法】 この記事では仮想通貨について学習したい人・初心者の方・今から投資を始めようと考えている方におすすめです。 初心者から億り人を目...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です